職場紹介・先輩達の声

生産部

生産部

生地の仕込みから包装機械のオペレーティング、原材料の発注、商品の製造計画、ラインの人員管理まで業務は多岐にわたり、「商品・人・時間」をマネジメントしていきます。「安心安全で同一品質のお菓子をタイムリーに必要な数」を製造することが大事で、「ダントツ品質」を目指す品質改善に終わりはありません。製造業として最も重要な部門のひとつです。

先輩の声

武智 曹一郎
名前
武智 曹一郎
入社
2016年入社
所属部署
生産部
現在の仕事内容を教えて下さい。
主に商品の成型、焼成作業を担当しています。商品を成型するために、包餡機や型打ち機など様々な機械を使う為、それら機械の組み立て及び調整などをします。その他にも商品を焼くための釜の温度や焼成時間などを設定し、焼き上がった商品の出来上がりを確認しています。
また、他にも様々な生産工程があるので、包装された商品の仕分け作業や、次の日使用する生地の仕込みを行なったりもしています。その他、現場で働きやすい環境を作るための改善活動なども行っています。
苦労話や仕事の面白さ、やりがいなどを教えて下さい。
商品の焼け具合を見極めるのに苦労しています。毎日、気温や湿度が違うので日によって商品の焼き色や焼け具合が大きく変わります。そのため設定温度や焼成時間等の機械の設定を変更しますが、少し変えるだけで商品に大きく影響されます。業務に慣れていない頃は温度や時間を大幅に変更してしまい、商品を焦がしてしまう事や生焼けになる失敗も多々ありました。先輩社員の助けを頂きながら、今ではその日もっとも良い設定を早く見つけることに面白さを感じています。「焼成の設定なら武智に聞け」と言われるようになりたいですね。
入社のきっかけを教えて下さい。
入社の一番のきっかけはインターンシップに参加したことです。
元々食べることが好きで、高校在学中は料理人を目指していました。しかし、大学時代に「より多くの人に作ったものを食べてもらいたい」という思いから食品会社に就職したいと考えるようになりました。実家の近所に営業の支店があり、幼い頃から馴染みのあるあわしま堂がインターンシップをやっていることを耳にし、実際に参加しました。インターンシップでの工場見学やグループワークを通して、先輩社員の働く姿や職場の雰囲気を肌で感じ、「自分もここで働きたい」と思ったことが入社のきっかけです。
一日のスケジュールを教えて下さい。
7:00 出社・包餡機の組み立て
7:30 製造開始(包餡機操作、焼き釜調整など)
12:00 昼休み
13:00 引き続き製造
15:00 製造終了(製造機械分解、洗浄などの清掃作業開始)
16:00 現場作業改善のための巡回、改善提案の立案。
17:00 退社
休日の過ごし方を教えて下さい。
友人や同僚とドライブやカラオケに行ったり、カフェ巡りに行くことが多いです。他にも大学時代の趣味だったビリヤードをしたり、釣りに行ったりしています。

営業部

営業部

スーパーマーケットやコンビニエンスストア・問屋などでの本部商談や店舗商談を、バイヤーや店舗担当者と行い、商品の企画、売場の提案を行う仕事です。自社商品の売込みはもちろん、和菓子の売り場づくり、商品構成、催事スケジュールなどの企画・コーディネイトを担当。また、お客様のご要望に沿った、オリジナル商品の開発なども手掛けます。

先輩の声

山下 佳奈子
名前
山下 佳奈子
入社
2016年入社
所属部署
営業部
現在の仕事内容を教えて下さい。
北関東・北陸・東北エリアのスーパーマーケット本部のバイヤーへ和菓子の提案を行うことが主な仕事です。商談では、毎月発売される新商品やお正月・お彼岸など催事商品のご紹介や実際の売場をイメージできるPOP、販促ツールを使った売り方・食べ方のご提案をしています。
和菓子の役割でもある季節感を大切にした売場提案やクロスMD、和菓子の対決企画など、お客様に満足して頂き売上に繋げられるご提案ができるよう、心がけています。
当社の営業は自社の商品を置いて頂くのはもちろんですが、バイヤーとともに和菓子全体をトータルコーディネートして売上を伸ばすことを目標に、日々営業活動を行っています。
苦労話や仕事の面白さ、やりがいなどを教えて下さい。
「提案した商品が採用されたとき・採用商品が店頭に並んでいるのを見たとき」私はここに営業のやりがいがあると思っています。実際、営業活動をしている中で自分が提案した商品が全て採用されるわけではありません。当社の商品に馴染みのない新しいお得意様にご提案することはさらに難しくなります。その中でも、新規のお得意先様に初めて商品をご採用頂いたときは本当に嬉しいです。そして店舗を回って自分が提案した商品が売れているのを見ると達成感とやりがいを感じます。また、バイヤーに「売れたよ」と喜んで頂けるとそこから信頼関係が少しずつ築けていくことも営業のやりがいのひとつだと思います。これからもお客様から信頼して頂ける仕事ができるように日々努力していきます!
入社のきっかけを教えて下さい。
入社のきっかけは「会社の雰囲気・社員の人柄の魅力」です。
就職活動をしている中で、当社の会社説明会や選考を通して、社員が活き活きとしており、笑顔が印象的な会社であることに惹かれました。企業理念である「美味しさつくり 笑顔つくり」に働く人の笑顔も含まれていることに感動し、この会社で私も明るく笑顔で働きたいと感じました。また、先輩社員の方々と話して仕事面だけでなく、人として尊敬できたことも決め手のひとつです。
一日のスケジュールを教えて下さい。
8:45 出社
車にて通勤
9:00 朝礼
社訓の唱和、連絡事項、商談スケジュールの確認
9:20 外出準備
メールチェック、商談資料・サンプルの準備
10:00 外出
社用車にて出発
11:00 本部商談
スーパーの本部にてバイヤーと商談
12:00 昼食
店舗商談までの間に昼食を取って休憩タイム
13:00 店舗商談①
店長・和菓子担当者に売れ行きの確認
店舗にて企画・特売の商談(POPを持参)
14:00 店舗商談②
店長と定番和菓子コーナーの売場改善の商談
14:30 店舗巡回
市場調査(今売れている和菓子の確認)
他社サンプルの購入
16:00 帰社
上司へ商談結果の報告
次の商談の見積り書・企画書の作成
18:30 退社
車にて帰宅
休日の過ごし方を教えて下さい。
休日は学生時代の友人と旅行に行って美味しいものを食べつくす旅をしています。
友人と会って話すことが私にとって旅行の一番の醍醐味なので、観光などその地域ならではのことをするわけではないですが、美味しいものを食べながら他愛のない話をして笑うことが一番のリフレッシュ方法になっています。最近では、学生時代の憧れだったエステに行くのも旅行の時の楽しみです。

品質保証室

品質保証室

安心・安全な商品を提供するために、衛生的な生産ラインを維持し、高品質の商品を安定供給するための管理を行います。生産ラインの菌検査、抜き取り検査、5S活動など生産現場と一体となり、常に第三者的な厳しい視線で社内の安全と品質管理・向上に取り組みます。

先輩の声

戎谷 希望
名前
戎谷 希望
入社
2013年入社
所属部署
品質保証室
現在の仕事内容を教えて下さい。
各工場の品質保証室では、主に衛生に関わる仕事が多いです。新製品の日持ち検査、お申し出品に関する調査・検証、原材料メーカーの監査など、多岐にわたる業務を行いますが、衛生面についての管理・指導・改善が主な業務です。衛生環境の改善は、現場の方々の協力なしでは成立しません。現場を知り、「自分がここで毎日働くなら、どのような方法が良いと思うか?」と常に考えながら、現場の方も納得できる方法を提案しようと心がけています。とはいえ、全てはご納得いただけないもの。あわしま堂の安心・安全の要として、絶対に外せないものを見極め、責任を持って日々課題に取り組んでいます。
苦労話や仕事の面白さ、やりがいなどを教えて下さい。
よりきれいな製造環境を目指して厳しいルールを設けることは簡単ですが、やはり無理があると続かず、現場との信頼関係も築けません。見えない菌が相手であるからこそ、データを集めて問題を見える化し、改善案を提案します。なかなか導入に至らない事もありますが、何度も現場に通って作業者にヒアリングの末、「やって良かった」と喜んでいただけると、次も頑張ろうと思えますね。最近は後輩も増えたため、後輩たちが自信を持って働ける環境つくりにも力を入れています。後輩が成長している姿を見ると、負けてられないなぁと感じます。
入社のきっかけを教えて下さい。
実家から通える、というところが一番の決め手でしたね(笑)
昔から食べることが好きで、食に関わり人を幸せにできる仕事がしたいと思っていました。就活サイトで「あ」は始めの方に表示されるため、気軽に1クリック。採用の過程が進むにつれ、出会った社員の方々が皆親しみやすく、一緒に働きたいと思うようになりました。しかしながら、元から「働いてみないとわからない」という考えがあったため、実家から通えて心理的負担の軽いあわしま堂を選びました。
一日のスケジュールを教えて下さい。
8:00 出社・朝礼
8:10 検査結果チェック(前日の製品微生物検査の結果を確認)
9:00 工場巡回(現場のルールの運用状況確認、製造ラインの拭き取り検査)
10:00 仕様書作成(製品の規格書を入力)
11:00 検査結果分析(検査結果を受けて、原因・対策と検証方法などを検討。フィードバック資料を作成)
13:00 昼食
14:00 現場フィードバック(各現場のリーダーへ結果を報告。改善に向けて話し合う)
15:00 品質保証室ミーティング(月に1回情報共有。部署の方針確認や後輩指導)
17:00 退社
休日の過ごし方を教えて下さい。
予定のない天気の良い日は嵐山までサイクリングに行くことが多いです。その日の気分に合わせた美味しいランチを探すのが楽しいですね。家族とゆっくり過ごせる週末がいつも楽しみです。

営業企画課

営業企画課

販売商品の中止・開始のスケジューリングを季節毎に行ったり、マーケットの情報収集、売場のポップや季節パネル、陳列棚などの売場づくりなど「全社の売上げ」を左右する企画的な仕事や営業の販売支援の役割を担っています。また、通信販売業務なども手掛けます。

先輩の声

亀岡 浩美
名前
亀岡 浩美
入社
2012年入社
所属部署
営業企画課
現在の仕事内容を教えて下さい。
主にお正月や雛祭、お彼岸等の催事商品の企画を担当しています。
まず、催事毎にスーパーや百貨店を巡り、市場調査行います。実際に売場へ行くことで「パッケージが目立っていない。」など商品の改善点が見えたり、和菓子売場だけでなく他の売場から新商品のヒントを得ることがあります。そして、得た情報を基に、来年の商品ラインナップや新商品を検討・提案します。商品検討の際には、お客様に手に取っていただける新しい仕掛け作りを心がけています。私たちが企画した商品で、和菓子に馴染みの少ない若い世代に興味を持って頂けたり、家族や友人との楽しい時間作りのきっかけづくりができれば嬉しいです。
苦労話や仕事の面白さ、やりがいなどを教えて下さい。
商品を企画し発売されるまでには、様々な部署(開発室、資材課、生産部、品質保証室、情報課など)、包材やデザイン関連の取引先など、多方面との連携が必要になります。そのため、私の確認ミスやスケジュール管理が出来ていないと、商品の発売に関わる問題を招いてしまいます。しかし、難しいことでもできる方法を一緒に考えて挑戦してくれる方々、スケジュールに間に合うよう緊急で対応してくれる方々に助けていただきながら乗り越えることができています。
そんな沢山の方々と切磋琢磨しながら商品を作り上げていく仕事に日々やりがいを感じています。
入社のきっかけを教えて下さい。
幼い頃から料理やお菓子作り、食べることなど、とにかく「食」に関することに興味があり、将来も「食」に関する仕事に就きたいと考えていました。特に作ることが好きでしたので、文系の私でも生産部採用のある点に魅力を感じ、応募しました。正直選考を受け始めた頃は、和菓子や会社のことはほとんど知りませんでした。選考を進んでいく中で、どこか懐かしく安心感のある商品やアットホームな社風に魅かれ、入社を決めました。
一日のスケジュールを教えて下さい。
7:50 出社
8:00 朝礼
8:30 デザイン案作成
10:00 事務作業
11:30 お昼休み
12:30 包材選定・容器サンプル依頼
13:30 ラインテスト立会い
15:00 上司へ報告・相談(デザインの確認、ラインテスト結果の報告など)
15:30 事務作業
16:30 サンプル試食確認
17:00 退社
休日の過ごし方を教えて下さい。
最近は平日にやり残した家事に追われることが多いです。家中を掃除したり、布団を干したり、食事の買い出しに行ったりと1日があっという間ですが、仕事のことは一旦置いて取り組むので気分転換にもなります。平日はバタバタと料理をしているので、丁寧に時間をかけて料理することも楽しいです。たまに映画を見に行ったり、カフェで読書をしたり、まったりと過ごすことが好きです。また、私の住む八幡浜は九州へ行くフェリー乗り場が近いので、年に5~6回程は実家のある福岡へ帰省したり、買い物に行ったりしています。

製品開発室

製品開発室

市場のニーズを先取りした新商品開発と既存商品のリニューアルを担当します。また、開発した商品を量産する為のラインテストの立合いや、企画や営業と市場調査を受けての打合せ、パッケージに示す原材料表示の作成など他部署と連携し、日々美味しさを追求しています。

先輩の声

矢野 諭
名前
矢野 諭
入社
2009年入社
所属部署
製品開発室
現在の仕事内容を教えて下さい。
主となる業務は、新商品の開発や既存商品の品質改善です。具体的には、試作や原価計算、試作品を生産ラインへ落とし込むためのテストなどを行います。製造ラインによって担当が決まっており、私はブッセ・カステラ・タルトなどの商品を担当しています。また、原材料メーカーと商談を行い、新規原材料の検討なども行います。留め型・PB商品の開発依頼があった場合には、営業部に同行し、顧客であるスーパーマーケットのバイヤーに試作品の説明や要望の聞き取りなども行います。
苦労話や仕事の面白さ、やりがいなどを教えて下さい。
開発室で試作した商品を実際の製造ラインに落とし込む際に、製造する機械の規模や構造が異なるため、思いもよらない問題が起こる場合があり、その調整に苦労する場合が多いです。しかしながら、関係者と意見交換しながら問題解決していく中で、新たな発見や閃きが生まれた時に面白さを感じます。そうやって作り上げた商品が世の中に出て、お客様の「美味しかった」という声を聞いたときに一番やりがいを感じます。
入社のきっかけを教えて下さい。
幼いころから食べることが好きで、食に対する関心が強かったことと、自分でものを作り出してみたいという気持ちがあったため入社しました。また、家族ぐるみであわしま堂の商品(特に焼りんご、マーブル、バナナカステラ)のファンだったので、会社に対して親近感を持っていたことと、会社説明会で感じた先輩社員のものづくりに対する真摯な姿勢と、アットホームな温かい雰囲気も入社を後押しした要因だと思います。
一日のスケジュールを教えて下さい。
8:00 出社・朝礼
8:10 試作品の試食
8:40 デスクワーク(原価計算・配合検討・書類作成)
9:30 試作
11:30 昼休憩
12:30 試作
14:00 商談(原材料メーカー)
14:30 試作
16:30 試作結果まとめ
17:00 退社
休日の過ごし方を教えて下さい。
食べることが好きなので食べ歩きをしています。仕事でもプライベートでも食べる機会が多いので、なるべく運動するようにも心掛けていて、最近はボルダリングジムに通っています。